新卒採用で優秀な社員を集めるために大事なポイントとは?

新卒採用で優秀な社員を集めるために大事なポイントとは?

様々な形の選考方法を取り入れよう

新卒採用で優秀な社員を集めたい場合には、書類選考や面接だけでなく、様々な形の選考方法を取り入れることが大切です。例えば、SPI試験や適性検査、グループワークなどを選考方法に加えることで、様々な角度から求職者のポテンシャルを把握することが可能となります。また、営業職や総合職などの人前に出ることの多い職種については、選考の際にプレゼンテーションやディスカッションなどを課題にするのも良いでしょう。最近では、新卒採用に力を入れている企業の取り組みについて、様々なビジネスに関するメディアを通じて紹介されることがあります。そこで、新卒採用の試験を実施するうえで、早い時期から同業他社の新卒採用の選考の特徴をじっくりと把握することが大切です。

人事担当者を対象としたセミナーに参加をしよう

新卒採用で失敗をしないためには、一人ひとりの求職者の学力や人間性、仕事への適性などを正しく評価する必要があります。そのため、人事担当者に求められるスキルを身に付けるうえで、業務の合間を縫って人事担当者を対象に行われるセミナーに参加をすることがおすすめです。特に、人事の経験が浅い人については、新卒の学生の能力を見極めることが難しいため、日頃から上司や先輩などにフォローを受けることも大事です。また、新卒採用の選考の際に重視すべきポイントは、それぞれの企業の経営方針や業種、業務内容などによって大きく異なります。そのため、人事担当者だけでなく、様々な部署の管理職が集まって、社内でより良い新卒採用の方法について時間を掛けて話し合うことも重要です。

新卒採用コンサルティングとは、企業を相手に人材採用の支援をするサービスです。クライアント企業に対して採用の戦略を提案するだけでなく、採用業務を代行したり、その後の研修まで担当する場合もあります。

You may also like...