超難関!決して楽な道のりではない薬剤師について

超難関!決して楽な道のりではない薬剤師について

人生安泰!薬剤師について

薬剤師とは医薬品の知識や調剤技能をもつ薬の専門家です。薬剤師になるには、国家資格を取得する必要があり長い時間勉強することが求められます。資格取得後も新しい薬などの知識吸収の速さが求められます。また、患者とのコミュニケーションも大切な仕事です。薬を扱うところは色々あり自衛隊や刑務所などにも勤務可能です。

薬剤師までの道のりとその後

薬剤師の資格を取るためには最低でも6年間の時間が必要になります。まず薬科大学か大学の薬学部に入ります。そこで1~4年間、薬学について学びます。4年の終わりに薬学教養試験を受けます。合格後、5年次には病院や薬局で実務経験をつみ、六年次には卒業研究をしながら薬剤師国家試験の準備をして受験に挑みます。薬剤師国家試験の合格率は大学によって異なり合格率の高い大学に入学することも重要です。合格率を見ると60%~80%なので努力は報われやすい資格になっています。ここまで大変な道のりでしたが、資格を取ってしまえば仕事に困ることはありません。病院や薬局、製薬会社など働く場所は、さまざまあります。また、どこも給料が高いというのも魅力の1つで安定した生活が送れます。長い時間をかけただけのリターンは望めます。仕事をする上で患者とのコミュニケーションも多いので患者に直接喜ばれることも多いでしょう。これは、すべての資格に言えることですが、最後まであきらめないことが一番大切です。合格まで足を止めずに頑張ってください。

薬局業界では、60歳以上の薬剤師のシニア求人が増えています。シニアはそれまでの経験から、気難しい患者の対応が上手である、患者が安心する等の理由で、今後も期待されます。

You may also like...