男性保育士も活躍!今後ますます求められる保育士の仕事とは?

男性保育士も活躍!今後ますます求められる保育士の仕事とは?

一生有効な資格で復職もしやすい

国家資格に定められている保育士には、国指定の保育士養成機関を卒業するか、国が実施している保育士の試験に合格することでなることができます。一度、資格を取得すれば、一生有効となる資格であり、結婚や出産、親の介護などライフスタイルの変化で、一度仕事を辞めたとしても、また復帰することが可能です。保育士というと、女性の職業というイメージが強いかもしれませんが、男性でも資格を取得することはできます。男性保育士の割合、どの職場でもまだ多いとはいえませんが、徐々に増えてきており、職場での活躍が期待されています。保育園はあるものの働き手がいないので園児を預かることができないというのも現状です。安心して子育てできる社会を実現し、子どもたちの健やかな成長を見守っていく一人として、保育士は今後もますます求められる職業といえるでしょう。

働ける場所は多岐にわたる

保育士の仕事は、日中、家庭で保育を受けられない乳幼児の保育を行う保育所のみだと考えられがちですが、働ける職場はほかにもあります。保育所以外には、近年、増えている保育園と幼稚園の機能をあわせた認定こども園などもあります。対象となる子どもは、保育所と同じですが、3歳以上の子どもをみる場合には、保育士資格とともに、幼稚園教諭免許を持つ、保育教諭が担当します。そして、児童館や児童遊園などで働くことも可能です。地域の子ども達を対象に、健康に豊かに発育していくよう、健全な遊びを提供する指導員としての仕事を務めることになります。他にも、保護者が亡くなった、あるいは事情があって一緒に暮らすことのできない1歳未満の乳幼児を対象とした乳児院で生活している子どもの養育を行う仕事もあります。

大阪では保育士不足問題解消に向けた様々な取り組みが行われていて、保育士の求人を大阪で探す際は支援センター等でも紹介してもらうことができます。

You may also like...