配達物が激増した今の時代にトラックドライバーになる意味とは?

配達物が激増した今の時代にトラックドライバーになる意味とは?

トラックドライバーの求人は増加しています!

昨今の労働者不足に比例するようにトラックドライバーの求人は激増しています。大手通販サイトの出現などにより、完全に人手が足りていないのが現状です。雇用者側も就労者を集めようと福利厚生や給与などを充実させていて、一昔前のトラックドライバーの待遇とは大きく違ったものになっています。

トラックドライバーに必要な免許とは?

トラックドライバーといえば、大型トラックを乗り回している印象がある方が少なからずいると思います。しかし、現状は普通自動車免許のみが条件になっている求人もたくさんあります。勿論、中型や大型免許を持っている方が有利であるのは事実ですが、一昔前ほど中型や大型自動車免許は必須なものではなくなっています。

トラックドライバーは自前の車を持っていないと駄目?

車を所有していないとトラックドライバーの求人に申し込めないと思っている方も少なからず存在しますが、会社側が提供、またはリースという方式で貸し出している事が多いので、自前の車がないからと諦める必要はありません。会社側がリースしている車は事前に商業車として登録されており、それに伴った保険にも入っているので安心できます。無理に自前の車を用意するより、リース方式で車を借りて仕事をして、仕事そのものに慣れる事を優先しましょう。

トラックドライバーの求人の選び方

自分の性格に合った仕事内容のものを選んでください。トラックドライバーの就労時間は車を運転している時間のほうが多いです。長距離運転は”運転中は休憩だ”という感覚の方なら事故にさえ注意していればある程度、気楽に仕事をこなせるのですが、そうじゃない方にとっては少々疲れるかもしれません。そんな性格の方には決められた区域を往復しつつ車両から降りて、簡単な積荷作業や受け取り作業を含む仕事内容を選ぶ事をおすすめします。

トラックドライバーの求人の種類は、決められたルートを配送するルート配送や、配達先へ荷物を届ける配送になります。距離も短距離から長距離まで様々です。距離やトラックの大きさなどで給料の額が異なります。

You may also like...